コンタクトレンズ処方

こんな症状ありませんか?

こんな症状ありませんか?

コンタクトレンズがなかなか目に合わない
ピントが合わない
コンタクトレンズがすぐに取れてしまう

眼科で処方してもらうメリット・デメリット

メリット
  • 結膜炎などの症状をきちんと見つけることができる
  • コンタクトレンズに適さない場合の診断がつけられる
  • 目に障害を起こさないような、コンタクトレンズケアの指導がきちんと受けられる
  • 正しいコンタクトレンズの取り扱いによって、炎症を起こさないようにすることができる
市販品を購入することのデメリット
  • 目に合っていない可能性がある
  • コンタクトレンズの正しい扱いの指導を受けられない

来院から処方までの流れ

来院から処方までの流れ
  1. 診察
  2. 視力検査
  3. コンタクトレンズの処方・トライアル・注文
  4. 翌日以降のお渡し

注文していただき、翌日以降のお渡しになっております。患者様のご希望により郵送も可能です。ただし、送料はご負担となりますので予めご了承ください。

コンタクトレンズの種類

1日使い捨てタイプ

1日使い捨てカラーレンズ

2週間使い捨てレンズ

1日使い捨てソフトレンズ(遠近両用)

ハードコンタクトレンズ

治療後のアフターフォロー

3ヶ月ごとの定期検査を行っております。

院長からのアドバイス

コンタクトレンズを使う方の低年齢化が進んできています。そのため、使用の安全面についてきちんとお話ししてから処方しています。
コンタクトレンズを「清潔にケアする」ということを理解していただいてから処方を行っています。

pageTop